議長挨拶

関係各位の皆様、日頃より青年会活動に多大なるご理解ならびにご協力を賜っておりますことを心より御礼申し上げます。そしてまた、これまで青年会活動にご尽力いただきました諸先輩の皆様に感謝申し上げるとともに、ご意思を引き継ぎ、青年会活動を有意義なものにするべく邁進してまいりたいと考えております。

 全青協事業の根幹は「印刷産業の未来を担う青年印刷人が、印刷産業の未来を考え、それに必要な取り組みを考えて実行し成果をあげつつ、連帯をはかること。」であると考えております。

 印刷産業がさらなる価値創造を実現するため、今よりさらに率先して社会ならびに未来への諸課題の解決を図る産業となるべく、今期全青協の活動指針として「四方(しほう)よしのデザイン」という言葉を掲げました。「四方(しほう)よし」は、近江商人の言葉とされる「三方よし:売り手よし、買い手よし、世間よし」に「未来よし」を加えたものです。デザインという言葉は、日頃我々印刷産業が生業としているデザインを見つめなおし、【顧客への深い共感的理解】と【発散思考】および【解決策の機敏な反復】を重視する問題解決の方法論である「デザイン思考」へ昇華させ、我々の事業経営に反映できるような、実践的取り組みを行いたいという思いをもって加えました。

 一人でも多くの青年印刷人に活動に参画していただきたいと存じます。また引き続き、皆様のご理解、ご協力を賜りたく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

 全国青年印刷人協議会 議長 今井 孝治