全青協は未来を創る研究機関|日本の印刷 2021年4月号

全青協は未来を創る研究機関|日本の印刷 2021年4月号

「全青協は全印工連の未来を創る研究機関だから、失敗を恐れず思いっきりチャレンジしていい。」

そう先輩に言われて身震いがしたことを覚えています。事業内容は自由に取り組んでいいんだという反面、組合の未来を創出する責務を負っているということを理解しました。全青協事業の遂行と同時に、全国の仲間との関係性ネットワークづくりにも注力し、多くの青年印刷人の皆さんとお会いすることができ、情報交換や交流によりエンゲージメント(深い関わり合いや関係性)を深めてきました。出会った先の皆さんの日々の活動をSNS等で目にすることができ、それぞれ各地のメンバーと網の目のようにネットワークが出来あがって青年会活動や日常の情報発信を交換することができる関係が広がりました。

2016年の東青協議長の頃から数えて6年間、全青協に携わってきまして、今期は直前議長として全青協最後の年になりました。私の役割は、今井議長を支え全青協の想いを新たなメンバーにつなぐこと。これだけです。優秀な今井議長ですから、私が支えるまでもなく素晴らしい事業テーマを立ち上げ、事業推進されています。またコロナ禍において非常に難しい運営をせざるを得ない状況下で、全印工連のどの事業よりも先にリモートによる大人数の協議会を正副議長を中心に工夫を凝らして実施してきました。

全青協は、全国の若手印刷人を牽引する役割があります。先頭に立ち、様々な社会変化に柔軟に対応して、全印工連の未来にとどまらず印刷産業の未来を「デザイン」していただきたいです。

最後になりますが、全青協事業を日頃から支えてくださっています全印工連の皆様、各地での協議会へ足を運んでくださった各県工組理事長の皆様、全国の青年印刷人の皆様、報道各社の皆様、そして至らぬ私を支えてくれた正副議長の仲間たち、大変お世話になりました。紙面をお借りして感謝申し上げます。

全国青年印刷人協議会 直前議長 青木 允 

日本の印刷カテゴリの最新記事